KAT-TUNの充電期間が始まって最初の夏がやってきました。
この時期に行われる各テレビ局の音楽祭。

当たり前だけど、KAT-TUNは出ない。
ギリギリまで、誰か一人だけでも良いから出てくれないだろうか!? なんて、期待したけど、そんなことが叶うはずもなく。

そんなKAT-TUNの出演しない音楽祭への魅力はないものの、母が熱心な嵐ファンなので出演した番組は全て録画してありました。
せっかくなので、流し見してたんですが、そこで目に飛び込んできたのがKinKiさんのパフォーマンス。

衝撃的でテレビ画面に釘付け。

もともと、KAT-TUNに堕ちる前は、光一くんのファンでした。
ファンと言っても、こどもの頃で、少ないお小遣いではCDもDVDも滅多に買えないし、ほぼお茶の間ファン。

そんな私の遠い昔の記憶の中から、光一くんが言っていた言葉を思い出しました。

「僕らは、ファンのみなさんの声があるから、要望があるからステージに立てる。KinKi Kidsという母体があるからこそ、ソロで活動ができる。母体があるから、外で頑張れる」

というようなこと。
遠い記憶過ぎて覚え間違ってたら申し訳ないんだけど、そんなニュアンスでのことを言っていたような気がします。

私はこの言葉を子供の頃に聞いて以来、アイドルの応援方法として根っこに植えられた考え方でした。
だから、KAT-TUNファンになってからも、メンバーのソロ活動は全力で応援するし、ソロ活動で付けた力をKAT-TUNに持ち帰ってくれると思って、メンバー全員を応援してました。
今回の充電期間も同じです。
ひとりひとり、KAT-TUNという看板を背負って、ソロ活動をして、そこで付けた力を、KAT-TUNに持って帰ってきて、KAT-TUNという母体を大きくするんだろうなって。それならば、全力でメンバーみんなを応援する。一緒に戦うよ!! という気持ちでいられました。

そんな考え方を、子どもの頃の私に植え付けたKinKi Kidsさん。

CDデビュー20年目に突入した最初のシングル『薔薇と太陽』の演出。

衝撃でした。

下手に剛くん、上手に光一くん。
いつもの立ち位置。

でも、センターから真っ二つ。

下手の剛くんは、バックバンド引っ提げてギター抱えて歌ってる。
上手の光一くんは、バックダンサー引っ提げて踊りながら歌ってる。

剛くんだけを映している間は、“堂本剛”が歌っていて、
光一くんだけを映している間は、“堂本光一”が歌って踊ってる。

引きの画面で両方を映せば、そこには“KinKi Kids”が居る。

なにこれ! なにこれ!? なにこれ!!?

本気で驚いて、テレビ画面を喰い入るように見てました。

KinKi Kidsのお二人は、ソロ活動にお互い干渉しないし、グループの活動にソロを持ってこないように意識しているのだと認識していました。

でも、この『薔薇と太陽』は、それぞれがソロで培ってきたモノをKinKi Kidsという場所に持ってきたように思えます。

もちろん、MV撮影のタイミングで膝の不調のために急遽踊らないということになり、剛くんがバンドで歌うという演出に変わったというのは聞きました。
そんな急遽決まったことなのに、ここまで完成されたMVが出来上がるって、二人それぞれの個人の力が強いからだし、その二人が揃った時の阿吽の呼吸から生まれてくるものなのでしょうか。

『薔薇と太陽』は、ソロの光一くんと剛くん、そしてKinKi Kidsの光一くんと剛くん、どちらも堪能することができる。
とんでもない魅力が詰まった楽曲と演出だと思います。

そんな素晴らしいMVの収録されたCDを欲しい!!と思ってCDショップに行ったのですが、残念ながら売り切れ…。
ですよね~。と思いながら、限定盤2の方を買って帰りましたよ。
牛さんの着ぐるみ着てる剛くんとマタドール光一くんのコント(?)が収録された謎のDVDを見ましたが、ゆっるい感じがKinKiさんだなぁ…って思いました(笑)

KAT-TUNも、こんな風に、個人の力を強くして、集まった時に魅力が倍増するようなグループになっていってほしいです。
そのための充電期間!!

がんばれ、KAT-TUN!!

 

1月1日が月曜日だということをすっかり忘れ、初日からラジオを聞き逃すというヘマをしてしまいました(涙)

里帰りも兼ねて関東へ1ヶ月かけた旅行へ行ってる母(と愛犬に)コロガリータのお土産を頼むメールを送りつつ、肝心のラジオ忘れてるって・・・(涙)

原因は、貧血でフラフラしてるなか、友達と初売りに行って、案の定ダウンして帰ってきたからだと思う。

お互いに年賀状を送ってる2人が、凄く良い関係になってきたんだなって思わせてくれました。
(たとえ企画でもね/笑)

こんな素敵な企画を聞き逃したなんて悔しくてたまらない!!
田口くん、白虎隊絶対見てください。
つの恋の時みたいに、本当に見たのか見てないのか分からない反応はナシでお願いします(笑)

昨日と今日でカウントダウンに行かれた方々のレポートがたくさんアップされてきましたね。
誰担当かによって見所が違って面白いです。

私がTVで見ていたなかで一番反応したのは、kinki kidsと一緒に踊るところ。
イノシシ7の2人はその時にハケちゃったので残ったのは3人。

硝子の少年の「空き缶蹴飛ばして」の振りが昔から変わらず、ステップを踏んでるような光一くんと、空き缶を蹴飛ばしすぎだよ!?ってくらい足を振り上げる(?)剛くんをみてニコニコしつつ、
ボクの背中には羽根があるでMAが踊っているのをみて、KAT-TUNが踊っていたことを思い出し懐かしくなってみたりしてました。
そこで雨のメロディー!!うわぁあ!!聖くんが途中のちょっとしか写らなかったとか、そんなこと気にしない!!
kinki kidsとKAT-TUNが並んで踊ってるんだよ!!?
涙が出るかと思いました。
雨のメロディーが終わった後はすぐにハケちゃったらしいけど、実はその前!!

硝子の少年とボクの背中には羽根があるは、ステージの下(?)で3人も踊ってたって言うじゃないですか!!
そのシーン見たかった!!でも、写らなくても、そんなことがあってたなんて知ってしまったら、もう本当に泣きたくなるくらい嬉しかったです。

NEWSの登場では、やっぱり複雑な感じはあるものの、あの曲を聴けることが凄く嬉しかった。

ジャニーズのカウントダウンは9回目だそうだけど、もともとはJ-FRIENDSが主役でカウントダウンって感じだった気がします。
私ジャニーズFANを数度卒業したことがあったんだけど、その前にあったカウントダウン、このビデオが残ってました。
2度引っ越したので当時のビデオや雑誌はその時にほとんど処分してたんだけど、たまに整理してると突然出てきたりします。

そのカウントダウンの映像はちょうどJ-FRIENDSが最後の年だった時のもの。
「ALWAYS(A SONG FOR LOVE)」がリリースされた年のものでした。

J-FRIENDSのみんなでこの曲を歌い、また、それぞれの冠番組が少しずつながれたり、料理対決したり・・・って感じで。
2001→2002のカウントダウンだったはず。(見返してないのであいまい。)
嵐さんも初の5人揃いだったんだっけ・・・?あれ?違った??
赤い衣装着て5人で出てきてましたよね♪

「ALWAYS」はJ-FRIENDSのみんなが、それぞれ書いてきた歌詞を組み合わせて作られたもので、曲も歌詞も、歌声も凄く大好きでした。
とくに、堂本剛くんと山口達也くんの歌声は圧倒的に凄い!
当時は、このグループが5年間の期間限定だなんてもったいない。
もっとやればいいのに。って思っていたこともあります。
だって、もとはチャリティーのために作られたんだし、ずっと続けてていいじゃん!って感じで。

そして、今。
あれから5年ですね。
昨日のNEWS復活を見て思いました。

NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNの3グループでJ-FRIENDSみたいなグループ活動をしないのかな?って。
ファンクラブが一緒ってことだけでも、その可能性はありそうな気もする。
ただ、するなら完全なNEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNであって欲しいけど。
むしろ、全員復帰、完全復活の際に3グループ共同で何かをやってほしいって気持ちがいっぱいです。

今年の9月にはドリームボーイズの公演も決まり、KAT-TUNはでるのかな?なんてドキドキ。(みにいけないのに/笑)
今年はコンサートやってくれるのかな?って期待したり、去年のデビューコンサートのDVDっていつ出るの?なんて焦れてみたり、
今年は良い意味で予想外の展開に振り回されるような1年になりそうだな。って予感がしています。

今年も、いい年でありますように!!

PAGE TOP