カツン担が初めてセクゾのアルバムを買ったら超最高だったので感想書きました。

2020年1月15日のこと。KAT-TUNの箱推しファンである私のTLにとあるアイドルグループのアルバム発売ティザー映像が流れてきました。

それが、これ。

Sexy Zone 7th Album『POP×STEP!?』

見た瞬間の衝撃といったらなかった!

何コレ!? めっちゃカッコイイ!! キレイ!!! 二次元!!!

私も長いことジャニヲタをやっているので、もちろんSexy Zoneのことは存じ上げております。
そんななかで、彼らにここまでガッと心掴まれるようなことは初めてで!

健人くんの銀髪と顔面の美しさがまず二次元。

マリウスくんの瞳と表情の透明感が美しくて二次元。

風磨くんの挑発的な表情と佇まいがカッコよすぎて二次元。

勝利くんの凜々しさがカッコよすぎて二次元。

そして、なにより「作画がCLAMP」というツイートを見て全力で同意した(笑)

Sexy Zoneのみんながキレイな顔をしているのは知っていたけど、このティザー映像でそれをまざまざと見せつけられた。
元からの素材の良さだけじゃなく、大人になったことで滲み出てくる迫力と雰囲気が伝わってきて、目が離せなかった。

気がついたら何度もリピートしていたんです。

アルバムのリード曲である極東DANCEの曲調と衣装もとても好みでした。
和をテーマにしたジャニーズの演出が大好きなのですごく気になる。

ティザー映像でここまで気になるなら、CD買っちゃう?
まだ予約間に合うよね?

なんて思いつつ、買うかどうか悩んだまま数日が過ぎた1月27日に、限定盤A、Bの2枚をポチっておりました。
(ついでに、気になっていたシングルの「Honey honey」と「ぎゅっと」も同時にポチったので、アルバムが来る前にそちらの2枚が我が家にやってきました)(この2枚も書けそうだったら感想書きたい)

そんなわけで、初めてSexy Zoneのアルバムを購入したわけです。

最初は極東DANCEのMV目当てにA盤だけにしようと思ってたんだけど、B盤に寝起きドッキリとメンバー運転の旅が収録されてると知って、そんなのジャニヲタ大好きなヤツじゃん!ってことでそちらも買いました(笑)

特典映像は言うことなく最高だったんだけど、何よりアルバム『POP×STEP』に収録された曲が全部すばらしすぎて!

初めて買ったSexy Zoneのアルバムが名盤すぎて、感想を残しておきたくてたまらなくなったので、ここに記すことにします。

全体的な印象として、タイトルに『POP』を掲げているだけあって、いろんなPOPミュージックが収録されているという感じ。

いろんな曲調があって聴いていて飽きない。

Sexy Zoneのシングル曲って不思議な曲が多い印象だったの。
歌詞が突飛なものが多いよね?
(よく「トンチキソング」という言葉が使われるけど、私はこと言葉が嫌いなので使いません。罵りの意味をもつ言葉を好きな人たちに使いたくないので)

そんな摩訶不思議ソングの印象が強かった彼らなのに、このアルバムはそれだけじゃない。歌詞が胸にグッとくる。すごく良い。

無理せずに立ち止まってもいいんだよ。
今の自分の中にも素敵なモノを持っているんじゃない?
今の自分でモ大丈夫だよ。
焦らずに一歩ずつでいいよ。
ひとりじゃないよ。

そう言われてる気がしたし、今の自分の中にあるものを見つめ直したくなった。

この『POP×STEP!?』を全部聴き終わって思った感想は、Sexy Zoneって人に寄り添う曲を歌う人たちなんだ、ということ。
気がついたら隣を一緒に歩いてくれている人たちだ。

あんなにキラキラの正統派ジャニーズアイドルだと思っていたのに、こんなに身近に感じる人たちだったんだ。

たった1枚のアルバムを聴いただけで何を言ってるんだという感じなんだけど、私にはそう思えた。
もっと彼らを知れば、また違う印象になるのかもしれない。

今は聡くんが休養中であるからこそ、こんな風に人に寄り添うようなアルバムができあがったのかもしれない。(何も知らない人間が軽々しく口にするのは憚られるのだけど)

とにかく、結論としてはSexy Zoneの7thアルバム『POP×STEP!?』は名盤だった!買って良かったー!!

以下、各曲それぞれの感想です。

▼ 極東DANCE ▼

アルバムリード曲。大好きです。この曲のティザー映像を見てアルバムを買うと決めたというのもあるので、イントロから大好き。
一番好きなのはサビ後半の『Everything is gonna be alright ~ Spirits of NIPPON』の辺り。メロディが好き。耳に残るし口ずさみたくなる。
リード曲の歌詞の最初の一言が「Zi Li Zi Li」「Gi Li Gi Li」なのも、ジャニーズイズムなのがすごくイイ。

KAT-TUNのデビュー曲『Real Face』が「ギリギリ」という歌詞で始まるのはジャニーさんが「濁点で始まると耳に残る」と言ったことがきっかけでできあがった歌詞なので!
アルバムの一曲目の歌詞が濁点で始まるというだけで「ジャニーさん!」っていう気持ちになる。(この詞がそれを意識して書かれたのかどうかは知らんけど)

▼ 恋のモード ▼

イントロからして可愛い。タイトル通り、恋の曲って感じ。歌詞が「One Two Three !」で始まるのもイイ!
聴いていて風景やストーリーが目に浮かぶのも素敵。桜が咲き始めた春の街でデートするウキウキわくわくする感じが可愛い。

たぶん勝利くんの歌声だと思うのだけど、「Un Derx Trois!まさか 気付けば一日中 君のことを考えてばかり」の歌い方すごく好き!
すごく綺麗にクレッシェンドが効いているし、言葉の一音一音をしっかり発音しているから、歌詞がのびやかに真っ直ぐ届いてくる感じ。好きです。

▼ 禁断の果実 ▼

歌詞が面白い。「ウロウロ」「メロメロ」「ギョロギョロ」など、同じ言葉を繰り返すことですごく耳に残る!
ジャニーズっぽいPOPなメロディーなんだけど、アレンジがジャズっぽくてお洒落。なんだけど、歌い方がみんな艶やかだからタイトル通り「禁断の果実」っぽくてSexyな感じ。お洒落なのにエロい。
これはコンサートでの演出も気になるヤツですね! スタンドマイクに黒のスーツとハット被ってステッキ持って歌って欲しいです。
ところで、『俺はジ・ゴ・ロ』って歌っているのは誰ですか?

▼ Honey Honey ▼

はあ~!この曲、めっちゃめちゃ大好きです。昨年末のMステSPで歌ってるの見て凄く印象に残っていて、ここからSexy Zoneの曲が気になりだした気もする。アルバムを買うことになった一番最初のきっかけはもしかしたらこれかもしれない。
可愛いとセクシーって同居できるんだなってビックリしたの。これはSexy Zoneの強みだと思う。
Cute + Sexy = Charming := Sexy Zone って感じ。
ヘビロテしてます。

▼ タイムトラベル ▼

すごくお洒落な曲。メロディもアレンジもお洒落でドライブしながら聴きたい曲。ラジオから流れてきてほしい。
ど深夜の首都高というよりも、昼間から少しずつ夜に移りゆく首都高ってイメージ。
でも、歌詞は同窓会なんですね(笑)

▼ Blessed ▼

歌詞がいい。とにかく歌詞がいい。
昨日より今日を好きと思えた」という歌詞が、すっと入ってくる。歌声が優しくて心に染みる。
天気が良いのに何もしたくない休日の夕方に、陽当たりのいい窓際で寝転がって聴きたい。

▼ BLUE MOMENT ▼

青春時代を思い出してセンチメンタルな気持ちになる。なんだろう。学生時代なんてもう十数年前にのことなのに、この曲を聴いて歌詞の意味を考えているうちに、学生時代の友人、先輩や後輩との思い出が浮かんでくるんだよね。今、みんな何してるんだろうなって気持ちになる。私がもう少し若かったら、みんなに連絡取って「久しぶりに集まろうよ!」って言ってたかも。

▼ ○△□ ▼

可愛い曲なんだけど、前の曲のBLUE MOMENT でセンチメンタルな気持ちに浸ったまま聴いてるので、青春時代を思い出した不思議な気持ちになる。
歌詞を聴いていたら、これも歌詞がすごくいいんだよね。十代二十代の時に聴いてたら、すごく励まされる素敵な曲になってたと思う。
今の私にも、「一日一日を大切にしていこう。気がついてないだけで日常に素敵なことが溢れているかも」という気づきがあったよ。

▼ ダヴィンチ ▼

好きです。裏拍でペンラ振り上げたくなるし、なんならサビのところでタオルぶん回したくなるね!
歌詞は突飛なんだけど、曲調が「考えんな!感じろ!!腕振り上げようぜ!!」って感じなの最高に好きです。

▼ まっすぐのススメ! ▼

ダヴィンチと同じ流れで身体動かしたくなるリズムがいい!ロックとPOPが上手いこと融合してる感じで、ノリがよくて可愛くて、でもアレンジの節々がお洒落でカッコイイ。
歌詞は可愛いよね。恋だなあ。

▼ Tokyo Hipster ▼

曲のメロディとかアレンジはキラキラとした「SHOW」って感じなのに、歌詞がまたしても突飛もない(笑) 壮大な時間軸で恋の歌詞?
Sexy Zoneが歌うと似合うの何でだろう?

▼ MELODY ▼

声が加工されていて機械音っぽいので一聴すると冷たく感じるのだけど、メロディと歌詞がとても優しくて、聴いていると穏やかな温かい気持ちになれる曲。特に好きなのはBメロの歌詞。

人に怒らず 無駄に焦らず
生きるのは難しいね
でも少しでも できることはやってみよう
君ならできるはず

明日のこともわからないのに
生きるのは難しいね
でも目の前の人くらいは大事に
僕ならできるはず

日常生活で自分でも理由が分からず焦燥感に襲われることがあるのだけれど、そういうときは気持ちが穏やかになれる曲を頭の中で口ずさむようにしていて。それはとても効果が絶大で穏やかな気持ちになれる。
この曲もそういう時に口ずさめる曲の1つになったかも。

特典のストリーミングMVも見たんですけど、なんであれ期間限定なんですか。ずっと手元に置いておきたくない?街を楽しむメンバー素敵だった。

▼ One Ability ▼

神秘的なメロディとアレンジ。こんな大人っぽい曲も歌うんですね、Sexy Zoneさん。しかも歌声が大人っぽくてセクシーで素敵すぎる。蜂蜜たっぷり溶かしたホットミルクみたいな甘い歌声の持ち主がマリウスくんだと聞き分けできるようになってきたと思う。とっても素敵。

ところで、これ作曲がカツン担が大好きなSTEVEN LEEさんじゃないですか!!? 好きなわけだわ(笑)

▼ それでいいよ ▼

タイトルそのままなんですけど、今の自分を全肯定してくれる曲。
とにかく『今』を肯定してくれるって嬉しい。今を肯定することって、過去も未来も一緒に肯定することなのかもしれないね。
『Blessed』の時も思ったのだけど、昨日より今日が良くなっていたらいいし、今の自分の中で「それでいいよ」って思えるものを探したくなるし、何か見つかれば明日が来ることを楽しめるような気がする。
そして、この曲を聴いていると聡くんに向けたメンバー4人の気持ちのようにも思えてくる。5人で旅を続けられる日が来ることを心の底から願っています。

▼ 麒麟の子 ▼ 

この曲は大型音楽番組で何度も披露していたのを見ていたのだけど、曲調も歌詞も挑戦的で凄いなって思った印象がある。
麒麟をイメージしたダンスも迫力があってカッコイイと思ったな。

そして、何よりこの曲って歌詞が凄い。ブラック校則の主題歌だからというのはもちろんあるのだけど、この歌詞をSexy Zoneが歌うってめっちゃめちゃパンチが効いてませんか?
柵を飛び越えて、鎖を引きちぎるって。麒麟をSexy Zoneのみんなだと置き換えると、正統派アイドル脱却宣言みたいにも聞こえる。
今後のSexy Zoneがどんな曲を歌っていくのか楽しみになった。

▼ HIKARI ▼

ライブの終盤、またはアンコールに歌いそうな曲だね。
この曲も優しくて前向きな歌詞で素敵。「僕」と「君」の声をちゃんと聞いて寄り添うような歌。
「君」は、Sexy Zoneからすると「聡くん」だとも取れるし、ファンである「Sexy Lovers」にも取れる。そして、「君」が「光」であるならば、ファンからするとそれは「Sexy Zone」でもあるんだよね。
歌詞の最後が「Ready to go」で終わるのもすごくいい。アルバム最後の曲の最後の歌詞がこの言葉ってワクワクする。Sexy Zoneがどこへ向かって行くのか、すごく楽しみ。



とういわけで、アルバム『POP×STEP』の感想でした!!

歌声の聞き分けがまだ自信がないのだけど、これは通常盤を聴けばメンバーのソロ曲が入っているから分かるようになるかな?
通常盤も買った方がいいような気がしてきた。
それに、声の聞き分けできるようになってから聴くとまた楽しいかも。

本当に素敵なアルバムだったなあ!しばらくヘビロテします♪