J-Webの大倉くんの連載を読んだ。
辛かった。読んでいてとても苦しかった。

何が辛いって、きっと大倉くんは本当ならこんなこと書きたくなかっただろうし、実際に書くこともギリギリまで悩んだろうし、それでも書かずにはいられないくらい苦しんでいるのが伝わってくること。

私の知っているアイドルたちは、ファンを笑顔にすることが生業だと思っている人たちだ。
自分の苦しさを綴ることがファンの笑顔を消すことになるかもしれないと分かっている人たちだ。

それでも、書かずにはいられなくなるほど、限界なのだ。

きっと、多くのファンはあの連載を読んで苦しく、辛く、悲しい気持ちになる。
けれど、その原因を作った本人は、きっと苦しくも、辛くも、悲しくもないのだ。
もしかしたら、喜び、嬉しく思っているかもしれない。
自分という存在がタレントの感情を揺さぶり、記憶に残っていることに。

普段、ルールを守ってモラルのある行動をとっているファンは、この連載を読んだとしても、何もすることができない。
ただただ、彼の心情を思って、辛くなるばかりだ。

どうにか、その原因となっている人物を彼の側から遠ざけられるよう、法的に対処できないものだろうか。
そう願うしかない。

アイドルを続けてほしいという気持ちはありつつも、無理をしてほしいわけではない。
そこまで苦しんでいるのであれば「普通に戻る」という選択肢を取ったとしても、それを受け入れるしかないだろう、とも思う。

つらい。

 

アイドルを好きだと公言していると、「アイドルの恋愛スクープを見てどう思うの?」「アイドルが結婚したらどうするの?」なんて聞かれることも多い。

私は「彼女がいても別に気にしないし、結婚したい相手がいるなら早くしたらいいのにって思う」と答える。

そして、どうやら、この答えは特殊な部類らしい。
たいていは、「アイドルとして活動していて、ファンから応援されているのなら、必要最低限隠すべきでは?」という意見が多い。

おそらく、なのだけど、そこは応援のスタンスが違うのだ。

私は、彼らに恋しているわけではない。

日常生活の中で辛くて辛くてたまらない時に、例え一瞬だけでも辛い時間を忘れさせてくれる存在だ。

彼らの歌う楽曲たちに癒され、勇気をもらい、後押しされる。
もう少し頑張ってみようって思える。

彼らが必死に頑張っている姿を見て、私も頑張ろうって思える。

とても辛い時に、彼らの言葉が心の支えになったり、考え方に救われることもある。

私は彼らを尊敬している。
メンターだと思っている。

私は彼らから幸せな時間や元気をもらっている。

だからこそ、そんな素晴らしい彼らに対して、私が思うことは、

笑顔でいてほしい。元気でいてほしい。

そして、何より、

幸せでいてほしい。

それだけなのだ。

心からの笑顔なのか、無理やり貼りつけた笑顔なのか。
そんなこと、ずっと見てたら分かる。
だって、私は彼らの笑顔が大好きなのだから。

彼らが心から笑っている姿が見たい。
彼らがファンに向かって「笑顔でいてほしい」って言ってくれるのと同じで、私だってアイドルには心からの笑顔でいてほしい。

そのためにも、彼らには幸せで過ごしてほしいのだ。

私はアイドルを応援しながら、恋人を作るし、タイミング次第では結婚もするだろう。
ファンはそうやって自由に恋愛をしている。

友人や家族と、好きな時に好きな場所に出かけている。

なのに、当のアイドルはそこが自由にならない。そんなのフェアじゃない。

だから、彼らが幸せであるのなら、彼女がいようが、結婚しようが、離婚しようが、どこへ出かけようが、そんなの全てを肯定する。

幸せでいてくれたら、それでいい。

そして、そんな幸せな彼らの笑顔や、お仕事を見ることで、私も幸せな気持ちになるのだ。

彼らが幸せを感じてくれるために、そして私も幸せな気持ちになるために、私は今日もアイドルを応援している。

どうか、私の大好きな人たちが、元気に、楽しく、笑顔で、幸せに、生きていてくれますように。
彼らのまわりに、そんな優しい世界が広がりますように。

 

 

 

 

20年前、同じ日にオーディションを受けた亀梨くんと中丸くんが、今もこうしてKAT-TUNを守って一緒に走り続けていてくれる。

そのことが、どれだけ凄いことか、貴重なことか。

KAT-TUNが充電完了した今だからこそ、深く深く実感してます。

亀梨くんも中丸くんも、「ジャニーズに入っていて良かった」と口にしてくれることが多い気がします。
その言葉を聞けることが、ファンとしてどれだけ嬉しいか。

そう言ってくれる二人がKAT-TUNでいてくれて良かったです!!

 

野球少年だった亀梨くんの履歴書を勝手に送ってくれた親戚のお姉さん、ありがとう。

中学3年生だった中丸くんに「あとはハンコ押すだけでいいから」と履歴書を用意してくれた同級生の方、ありがとう。

野球に行きたかったのに「千円あげるから」という母の言葉に釣られてオーディションを受けに行った亀梨少年、ありがとう。

「せっかくだから思い出作りに」と、オーディションを受けに行ったノリの良かった中丸少年、ありがとう。

オーディションに受かって最初のお仕事で、二人だけスタジオを間違えて、走りながら自己紹介をした亀梨少年と中丸少年。
「運命」なんて言葉を使うと安っぽく感じてしまう気もするけれど、この二人に関してはそんな言葉を使いたくもなります。

KAT-TUNの中の同期組、亀梨くん、赤西くん、中丸くん。
その中の、最年少亀梨くんがKAT-TUNの先頭を走って引っ張って、最年長中丸くんがKAT-TUNを底から支えてる。
二人のやり方は違っても、KAT-TUNを大事にしてること、大事にしたいと思ってること、凄く伝わってきます。
ありがとう。

(赤西くんに関しては、KAT-TUNも事務所もやめてしまったけれど、現在の活動状況はきっとそれぞれ刺激になってるんじゃないかなって、勝手に思ってる)

これから先もずっと、亀梨くん、中丸くん、そして上田くんが、KAT-TUNとしても個人としても、どんどん大きく活躍してくれることを願います。

入所20周年のこの年が、素敵なものになりますように!!!

 

アイキャッチt

 

 

聖くん、33歳のお誕生日おめでとうございます!!

今年の誕生日は、ライブでたくさんの人たちと一緒に過ごせるようで、32歳の最後と33歳の最初をとっても素敵な時間にできて良かったね!と、想いを馳せているところです。

ライブに行った人たちの感想を見ると、とてもカッコ良かったし、素敵だったとのこと!!
聖くんが笑顔で良かった!!

今年は、聖くんが愛されていること、たくさんの人に支えられていることを知った一年でしたが、今日からの一年もまたそうやってたくさんの人に囲まれて、素敵な日々を過ごしてほしいです。

どうか、聖くんが笑顔で、健康で、元気に、幸せですごせますように!!

 

そして、決まった全国ツアー。

Tanaka Koki presents Easter TOUR2019
2019年2月から4月まで、全26公演。

『置いてきてしまった約束や大事なモノを拾い集めて次に繋げる大切なツアーです!』

とのこと。

私も、地元公演に行こうと思います。
好きな人と同じ空間を過ごせることは貴重だってこと、何度も何度も実感しているので。
行ける時に行っておこうって、思います。

 

彪くんの愛のあるツイートも!

 

田中聖は決して終わってないし、終わらせないために。
これから先に、今よりもっと幸せな景色が見れるように。

田中聖を応援していきます。

 

アイキャッチ用

 

 

『KAT-TUNの世界一タメになる旅+ イケメンじゃんけんバスツアー in 仙台後編』の配信開始~♪

超最高の回でした!!!

予告を見ている時点で、イケメンじゃんけんではなく『男気じゃんけん』をしている映像が流れていたので楽しみにしていたのですが、思っていた以上に面白いし、癒されるし、可愛いし、仲良しで、大満足!!

おでん屋さんで並んでおでんを食べるKAT-TUNや、一緒に座って食べているスタッフさんたちの姿を見ると、とても幸せな気持ちになりました。

今までのタメ旅プラスの全部の回を通してもベスト3に入るくらい大好きな回です!!

こういう旅、もっとたくさんやってほしい!!

 

以下、ネタバレ感想♪

(ただただ萌えたところを順に書いていったら6000字を越えてしまった!笑)

 

アイキャッチt

 

 

聖くんがAmazonバラエティの『カリギュラ』という番組に出るそうです。

 

 

『カリギュラ』とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいうらしい。

今田耕司さんと東野幸治さんがMCの配信番組。
地上波では放送できそうにないような企画の番組だそうで、聖くんが出演するのは『訳あって地上波ではなかなか会えない、あの人は今!?』というコーナーだそう。

前回はEE.JUMPのユウキが出演してお話をしたとか。

聖くん、どんなお話をするんでしょう?

それこそ、地上波ではもう見ることは難しいかな?と寂しい気持ちでいるのですが、これから先は確かにネット配信番組というジャンルでは出演できる番組も増える可能性があるのかも?という期待も生まれました。

「是非是非チェックしてもらいたいです!!」って言われたからにはチェックしますが、これ見るのドキドキするし、ちょっと怖い。

でも、動いて喋る聖くんを見ることができるのは嬉しいかな~(*^^*)

MCが今田耕司さんというのも、見るにあたっての安心材料かも。

配信は11月23日かな?

戦々恐々としながら、配信を待ちます。

 

アイキャッチt

 

 

突然、聖くんが思わせぶりなツイートをするので…。↓↓↓

 

調べてみたら、SixTONESのYouTube広告が新宿駅に出てるとのこと!!
すごい!
ジャニーズJr.のチャンネルの代表として、デビュー前のグループが新宿駅に広告出してるんだよ!?
凄すぎ!!

「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンとして世界中でいろんなアーティストが展開している広告だそうで!

「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」

というキャッチコピーにもトキメキます。

SixTONESやSnow Man含め、YouTubeで配信してるジュニアって、本当に新世代だと思うし、これからどんどん新しいことをやていくのだろうなぁと思うと期待したくなります。

KAT-TUNもデビュー前に広告やCMにたくさん出ていたけど、今回の新宿駅SixTONES広告でそれを思い出してしまった…。

SixTONESのデビューはそろそろじゃないの!?
と、ソワソワしながら期待している人ってたくさん居ると思うのだけど、今回の広告でデビューの時期が近づいたような気配を感じてしまいますね!
楽しみだし、SixTONESは応援しているので!デビュー応援してます!!

な~んて思っていたら、聖くんの弟で樹くんの兄な彪くんがツイートを…(笑)↓↓↓

彪くん、新宿駅に行って写真撮ってる~!!!

なにこの田中家兄弟!!
仲良すぎじゃないですか!?
家族みんなで樹くんを応援してるんだな~って分かって微笑ましい(*^^*)

SixTONESがデビューしたらお祭り騒ぎになってそうなご家族だよね!

聖くんが新宿で写真撮ったっていうツイも楽しみに待っているのだけど、行くかな?どうかな?
報告を楽しみにしている(笑)

 

 

 

KAT-TUNの全国ツアー『CAST』についてくれていた宇宙Sixの山本亮太くん、江田剛くん、松本幸大くん、目黒蓮くん、そして他の舞台出演で不参加だったものの1度だけステージに上がった原嘉孝くん。
KAT-TUNと共に夏を駆け抜けてくれてありがとうございました。

申し訳ないことに、宇宙Sixのみなさんの顔と名前が未だに一致してないのだけど(これからちゃんと覚えます!)、福岡公演で直接観たこと、コンサートレポから伝わってくる魅力、そしてJ-webでの連載『宇宙に6Chu~』で、たくさんKAT-TUNのことを書いてくれて、KAT-TUNのことを先輩として慕い、尊敬してくれていることが伝わってきたことが、とても嬉しかったです。

元々6人だったメンバーが5人になったこと、KAT-TUNがずっとトークでイジってましたが、6人だった時代を無かったことにしないことってグループの歴史として大切なことだと思うので、これからも前向きな意味でネタにしていってほしいなと思いました。
頑張っている人たちにファンはついていくし、ちゃんと見てますから。
福岡公演で亀梨くんも言っていましたが、会場に集まっていたファンのみんな(KAT-TUNファンとJrファン)がそれを証明していたと思います。

KAT-TUNのメンバーがスタンドトロッコで遠くに行っていた時、近くに宇宙Sixのメンバーが通っていたのでお手振りしてみたら、ニコニコ笑顔で手を振りかえしてくれてとっても嬉しかったです!
無所属ジュニアの子たちは踊ることに一生懸命で客席なんて見てくれてませんでしたけど(笑)、宇宙Sixのみなさんは客席も見てくれて、宇宙ファンだけじゃなくてKAT-TUNファンの私たちにも手を振ってくれたの!
それだけで好感度爆アゲでした!!

KAT-TUNが提供したという宇宙Sixの新曲や衣装も大切にしてくれているのがとても伝わってきて嬉しかったです。
KAT-TUNが先輩にしてもらってきたことを後輩である宇宙Sixのみんなに繋げていっていること、その瞬間に立ち会えたことも幸せでした。
ありがとう。
全員が揃った『UNIVERSE』もいつか見てみたいです。

そんな中でも今回一番感激したのが、江田剛くんでした!
『CAST』の中で、バックで踊るだけではなく、コレオグラファーとして参加してくれた江田くん!
(最初、コレオグラファーと聞いて「なにそれ?」と、ググりました(笑) 振付師ってことですね!)

KAT-TUNとジュニアを合わせて10曲ちょっと振り付けしているとのこと。

え? 凄すぎませんか!?

KAT-TUNに振りつけたものだと、『FIRE STORM』、『DIRTY,SEXY,NIGHT』、『ツイテオイデ』だそうで…。

え!? 天才じゃね!? 天才じゃん!!! 江田くん天才!!!

CASTの振り付けの中で大好きだー!! って思ったやつ全部江田くん振り付けじゃないですか!!

『FIRE STORM』での、三者三様の特徴がある振り付け、圧倒的な迫力と色気を醸し出す、瞬きすら惜しいほどの魅力。

『DIRTY,SEXY,NIGHT』での、指の先まで洗礼された美しさとセクシーさ。その中に滲む可愛さ。

『ツイテオイデ』での、フォーメイションを変えながらのKAT-TUNらしさと強さ。「ついておいで」どころか「ついて来いよ」くらいの圧倒的な上から目線で手招きされてる感。

最高。

だって、この三曲(とくに『FIRE STORM』)はDVD化する時にマルチアングルでお願いします!!って大声でお願いしたいくらい大好きなんですもん!!

最高な振りを付けてくれた江田くんに高級ハムを贈りたい。それくらい好き。ありがとう。

そんな江田くん、せっかくのDVD収録の日である大阪公演では体調不良で欠席…。
中丸くんも言っていましたが、なぜよりによってそんな日に限って…(ToT)
勿体なさすぎて、どうにか江田くんの姿がDVDに少しでも収録されますように…と願わずにはいられませんでした。
『UNIVERSE』は横浜公演の原くんも居る映像とか使えばいいんじゃない?
資料用とかでもいいから何か残っているのでは??

KAT-TUNに振りを付けるにあたって、KAT-TUNのライブDVDを全部見て研究してくれた江田くん。
どんなソロ曲が多くて、どんな振り付けが好みなのかまで見てくれた江田くん。

亀梨くん→セクシー
上田くん→ワイルド
中丸くん→紳士的

というイメージを元にFIRE STORMを振りつけてくれたらしい江田くん。

KAT-TUNのコンサートを楽しんでくれて、支えてくれて、最高のものを一緒に作り上げてくれた。
本当に本当にありがとうございました。

コンサートがDVD化した時には、微に入り細に入り、KAT-TUNと宇宙Sixを堪能したいと思います!!

これ先もまた、KAT-TUNと宇宙Sixには一緒にお仕事していって欲しいなと、期待しております!

 

 

CASTオーラスが終わった直後から始まったカツン担お得意の大喜利大会。

#中丸かるた

まさかオーラスの日にTLがこんなことになるなんて予想もしてなかった(笑)

きっかけは、中丸くんがオーラス最後に「センキュー御足労!」というワードを繰り出したからだそうで(笑)
中丸くんの言葉のセンスが面白いというのはよく話題になっていたけど、たしかに「センキュー御足労」はなかなかの言葉選び(笑)

そこから、「中丸くんの言葉を集めたかるたがほしい」というツイートをした人が現れたと思えば、すぐに「#中丸かるた」というタグが出来上がり、hyphenみんなが速攻でそのタグに便乗して遊び出すっていう、もうカツン担ってこういうところあるよね。
好きです(笑)

たとえこの悪ノリが「KAT-TUNファンの悪いとこ出てるよ」なんて中丸くんに言われたとしても、「だってしょうがないじゃないか」って言いたい。
そういう風に育てたの君たちだからね!!
MVメイキングですぐに悪ノリしたり大喜利してたの君たちだからね!!
ファンはタレントに似るんですよ(笑)

「#中丸かるた」ができた直後に「#亀梨かるた」や「#上田かるた」のタグまで出来上がっていて、そういうとこ仕事早くて良いと思う。
好き。

更には診断メーカーで「#中丸かるた10連ガチャ」なるものまでできあがり。
遊ぶ以外の選択肢がないよね。(やりました↓)

真生さんの結果
「ふ」副業禁止ですけど
「み」みんな俺を守って
「た」戦いは始まってますよ!
「は」バカなの?
「い」いいねボタンに追われる生活ってイヤらしいよ
「こ」興奮して鼻血出そう
「け」検討します。
「は」バカなの?
「し」視野が狭い!
「め」めっちゃ子ども!生まれたて?
#中丸かるた10連ガチャ
https://shindanmaker.com/837753

この中丸くんの迷言を集めたhyphenさんたちも、診断メーカーを作ったhyphenんさんも、最高すぎでしょ(笑)
めちゃめちゃ楽しませてもらいました!

中丸くん、きっとオーラス後にエゴサしてるはずなんだけど、まさかこんなTLになってるなんて思ってなかったよね?
笑ってくれるのか、不本意に思うのかは分からないけど、原因は中丸くんの言葉選びの所為だからね!(笑)

でも、そんな「センキュー御足労!」発言をしたのはDVD収録の予備日だということで、DVD化するのが10/20公演だったら、これだけ盛り上がった#中丸かるたの大元はオーラスに入った人たちの記憶の中にしかないんですよね?

勿体ないな~!
「センキュー御足労!」ってどんな感じで言ったのかめちゃめちゃ知りたい!

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST オーラスおめでとうございます!
残念ながら大阪公演のチケットは取れなかったので、自宅にて最終公演が終わるのをソワソワしながら待ちつつ、twitterを眺めていました。

終わった瞬間に流れてきた嬉しいお知らせ、フジテレビの『RIDE ON TIME』という番組でKAT-TUNのコンサートUNIONとCASTを300日300時間密着したということ。

全国ツアーが終わるのは寂しいなぁ…なんていう気持ちを一瞬で吹き飛ばしてくれた嬉しいお知らせ。
放送までの1ヶ月が楽しみになりました。

カメラが回っていることを意識して打ち合わせを疎かにしたくないからと、かなり素の状態を撮影されているとのこと。
私はKAT-TUNの職人肌なところ、何ごとにも真剣に打ち込むところ、そんな姿を見るのが大好きなので、とても嬉しいです。
シューイチさんでのカウコン密着とか、シャッフルKAT-TUNの打ち合わせ中の映像は大好き。
今回の密着はその映像以上にありのままの真剣なKAT-TUNを見ることができるってことなのでしょうか。

レポを見る限り、上田くんは「態度悪くないですか?」ってスタッフさんに聞いちゃうくらいだったそうで…。
ますます楽しみなんですけど!

2018年、年が明けて充電完了を発表したKAT-TUN。
カウコンで発表したことでKAT-TUN担だけじゃなく他グループ担の人たちにも再始動を知ってもらうことができた。
その上でKAT-TUN担にだけ向けたデビュー日にイベントを開催。
直後の4月には東京ドームで3日間のコンサート。
充電前最後のコンサートだった『10Ks!』と対になっている再集結の『UNION』は、2年間一緒に戦ってきたファンや、充電期間中にファンになった人が待ちに待ったコンサートだった。
そこからの、4年ぶりの全国ツアーCASTは、充電完了して最初のツアーで、4年ぶりのオリジナルアルバム発売と共に3人のKAT-TUNで初めて行うツアーでもあって。
ファンもメンバーも楽しみにしてた。

そ れ を ! ! 密着してくれて!! 放送してくれる!!!
ファンはもちろんだけど、「充電完了したKAT-TUNがちょっと気になる」という人たちに見てもらえる機会があるって最高じゃないですか。
KAT-TUNの魅力が、もっともっと世間に浸透してほしい。
とっても素敵な人たちなんだっていうこと、プロのアイドルな姿が、どうかたくさんの人に伝わりますように!

8/4(土)から10/21(日)までの約3ヶ月間。
期間中に全国で台風や大雨、地震などの自然災害がありました。
そんな中でもKAT-TUNのコンサートは全公演無事に行われ、こうして最終日を迎えました。

2011年のデビュー5周年公演が中止になった時から実感していましたが、こうやってアイドルを応援できること、コンサートに足を運べること、レポを読み漁れること、全ては平和があってこそなんですよね。
これからもずっと、KAT-TUNを応援していける日々が続くことを願ってます。

 

アイキャッチU

 

 

KAT-TUNの『U』もとい『T-TU』の上田竜也さん!
35歳のお誕生日おめでとうございます!

見た目や口調がどんどん変わっていても、いつの時だってKAT-TUNのために、自分自身のために、ファンのために、芯を持って深く真っ直ぐでいてくれる。
ファンには笑顔でいてほしいという上田くん。
そんな上田くんが笑顔でいてくれれば、ファンだって自然と笑顔になれます。
上田くんの笑顔にはそれだけの力がある。

再始動と共に発表した『real face #2』で見事なラップを披露してくれた上田くん。
あなたの力強いラップのおかげで、大切なデビュー曲がもっと大切なものになりました。
ありがとう。

35歳、きっとまた、これからのKAT-TUNのために、上田くんは変化を続けていくのでしょう。
でも、ファンのことを深い愛情をもってみつめてくれる上田くんの瞳は変わらないのだと思っています。

どうか、どうか、これからも上田くんが笑顔ですごしてくれますように。

過去にメンバーから、『<strong>りーさるうえぽむ</strong>』なんて呼ばれていましたが、本当に、上田くんはKAT-TUNの最終兵器だと思います。
変化を続けてきた上田くん。
その変化の過程ごと武器にして、どうかこれからも強く、大きくなっていってください。

35歳の一年が、どうか素敵なものになりますように。

 

PAGE TOP