ドラマの感想はたくさんあるけど、今はごめんなさい。もう、最後のに持ってかれた。

やっぱり、たくさんの言葉が出てくるけど、形にしようとするとできなくて。

頭の中はいっぱいで、だけど真っ白な感じ。

もう、ありがとう。って言葉しかでてこない。

凄く綺麗だった。

凄く優しかった。

KAT-TUNだった。

優しくて、柔らかくて、綺麗で、ふわふわしたものに包まれたような気持ちになりました。

大丈夫だよ。

って、言われてる気がしました。

その大丈夫が何なのかは分からない。

私達に向けた「大丈夫」

かもしれないし、

仁君に向けて「大丈夫」

かもしれないし、

自分達自身に向けて「大丈夫」

かもしれない。

たくさんの大丈夫が込められてる気がしました。

嬉しかったのは、この曲がちゃんとKAT-TUNだったこと。

そして、この曲にも仁君を感じることができたこと。

今までのように仁君の力強い声の、仁君のパートになるんだろうな。って言うところを誰かが変わりに歌っていたら、悲しくなったかもしれない。

けど、そんなことなくて、誰かが仁君の場所を埋めるとかではなくて、それぞれの自分の位置でKAT-TUNとして歌ってて、ちゃんと仁君の場所は仁君の場所って感じで残されてて・・・。

でも、穴があいてるわけでもなくて・・・。

あーー!!もう!!
どういう言葉を使ったらいいのか分からなくなってきたよ!!

とにかく、

本当に「大丈夫だよ。安心して。」って言われてる気がした。