昨日の公式発表後のメディア、ファンの態度。

待つ。応援する。ってファンが多いもの事実。

だけど、酷評する人の方が多くてかなり凹みました。

それで気づいたんだけど、昨日の私の日記。

「KAT-TUNは6人じゃないと嫌。」ってやつ。

付け加えさせてもらうと、6人のKAT-TUNが好きで、KAT-TUNはあの6人なんだ。という意味。
Aは仁君でしかありえない。ってこと。

6人じゃないKAT-TUNはもうダメとか、5人だけじゃやってけない。っていうつもりじゃありません。

酷評されてる仁君やKAT-TUNを見て、悲しくなりました。
でも、私の「5人じゃないKAT-TUNは嫌」って言葉も同じ。

このことは仁君やKAT-TUNのメンバーが決めたことで、
たとえCDやコンサートを5人でやるとしても、それはそれでKAT-TUN。

っていうか、離れているだけで仁君がKAT-TUNであることは変わりないし、KAT-TUNが6人であることも変わらない。
たとえメディアへの露出が5人だろうと、KAT-TUNはKAT-TUN。

それを受け入れられないってことは、仁君が留学することを受け入れてないっていうのと一緒。

昨日の私は言ってる事がちぐはぐ。

昨日の私の日記見て嫌な気持ちになった人もいると思う。
本当に申し訳ないです。

私が毎日通わせてもらってるブログ様の所にも同じようなコメントを残してしまいました。
ただ「受け止める」といっている、その方に凄く失礼な書き込みをしたと思う。
いつもと変わらず、ラジオレポしてる姿をみて、はっとさせられました。

グダグダいって、受け止めたいけど受け止められないなんて言ってる私とは違って、いつもと変わらず応援している姿。

よく考えたらKAT-TUNのメンバーもいつもと変わらず頑張ってる。

なのに、私はなんでグダグダいってるんだろう。って。
いつもと変わらず応援するのがファンとしての最高の姿だと思いました。

友達もやっぱり凹んでて、、、だけど、「それでも、応援しよう!頑張ろう!」って話になりました。

お互い凹んでたけど、お互い元気付けられました。

そんな友達とのメールの一部を載せます。

一部なので話の流れ的に微妙なとこもありますが・・・。
このメール打ったときに、これが本当の気持ちだと思ったから。

残しておきたいし、共感してくれる人がいたらいいな。と思って。

ほとんどそのまま載せるので、この日記みたいに一度頭の中で冷静になって打った文章と違ってあまりちゃんとした文章じゃありません。
方言も使ってるし、言葉も荒い。

それでも良いという方は読んでくださると嬉しいです。

<!–more–>

戻ってくるかな?
他のメンバー大丈夫かな?
本当に留学?
他にあるんじゃない?
本人の口からききたい。
あやふやなままが一番嫌。

そんな不安に溢れていた友達宛に送りました。

戻ってくると思うよ。
事務所も見捨ててないと思う。

他の5人は大丈夫!!ひと恋の制作発表の時の亀ちゃんと聖君の態度とか雑誌のインタビューみても、頑張ってるの分かるじゃん!
一昨日も田口君のドラマのエキストラ行った人も田口君頑張ってたってコメントしてたよ!

留学とか完全に信じれんけど仁君ならありえる気もする。
他に理由があったとしても、留学ってことにしたからには戻ってこれる場所つくってもらえてるわけやん?

絶対戻ってくるよ!
‥‥できれば早く本人の口から言葉ききたいし、会見してほしいけど。

とりあえず、今は留学って信じて仁君が勉強して帰ってくるの待つしかないよね!
他のメンバーも仁君が戻ってこれる場所なくさないように頑張るんじゃない!!?
あと、仁君に負けないように自分磨いてそう!

KAT-TUNはファンが待っててくれるの知ってるから、酷評されても頑張れる人たち
だよ!
デビューまで何年も待ってたわけだし!
野ブタ(修二と彰)やってた頃に留学されたら、信じられずに待てなかったかもだけど、もうテビューしてるしさ!
大丈夫って信じよう!!!??
ファンが信じてないと仁君も戻ってこれんし。

「仁が抜けたKAT-TUNはもうダメ」とか、「仁戻ってくるな」とか、「自己中」とか言う人おるけど、リアルフェイスフィルムのインタビューみたら気にならなくなった!

仁君の自由さはハンパなくて、良い言い方したら自分を持ってる人なわけでしょ?
どんな状況にたっても思惟を持っていたいのが亀ちゃんだし、ずっと見ていてください
。って言われてるんだからさ!!

デビューコンサートのオーラスとかワンオンワンとかリアルフィルムとかKAT-TUNの5年を知ってるんだから!

と、まあ、こんな感じです。

すっごく感情的になってて、乱暴な言葉使ってるけど、、、。(一応、所々修正してますが・・・。)

とにかく、今まで通り、KAT-TUNの番組や雑誌みて、ワイワイと感想言っていこう。
どんなKAT-TUNでも応援していこう。
KAT-TUNが決めたことなら何でも受け入れよう。

その他、表せないくらいの想いでいっぱいになりました。

だから、元気を出して、笑ってKAT-TUNを応援していきたい、好きでいたいと思います。

むしろ、応援するし、好きでい続けます。

明日は「たったひとつの恋」

いろんな想いはありますが、ドラマも主題歌も、彼らが精一杯作り上げた作品を楽しみたいと思います。

追記

仁君本人の会見もあったみたいですね。
仁君の口からちゃんと聞ける事が嬉しいです。

納得するまで勉強をしてきてください。

とうとう公式発表されましたね。

新聞での「収録にもジャケット撮影にも参加していない」という文章と、ドラマ主題歌の「CDの発売は未定」、あまりにも少ない仁君のTV露出。

この3つで、活動休止は本当だろうな。と思っていました。

発表された内容は「海外留学」との事でしたが、あれじゃ他の説(体調不良等)を完全に払拭できるものではありませんでしたよね。

仁君本人、KAT-TUNのメンバーでの会見等が行われ、本人の口から細かいことを語って欲しいです。

 

 

昨日の夜から弟が家に泊まりに来ています。

私立の男子高に通う彼は、今、「秋休み」なのだそうです。

私の部屋を見た彼は、私の部屋にあるジャニーズ関連の物を見て「気持ち悪い」って言いました。

まぁ、アイドルを追っかけてる女なんて傍から見たらそうなのかも。
しかも、実の姉がね・・・。笑

私が家を出た頃、まだ中学生だった彼には、当時の私の部屋がkinki kids関連のもので溢れていたのを覚えてないのかな。

と、思ったら、「20歳目前の女がアイドルを追っかけてるのがダメ」なのだそう。

・・・・・・・。

たとえ、誰に何を言われようともずっと私はジャニーズから抜け出せないんだよ。
だって、小学生の頃から好きなんだもん。
抜けだしたつもりでも、結局戻ってきちゃったしね。
もう、生活の一部・・・。笑

でも、やっぱりそう言われると結構ショック・・・。

そんな私は聖君と亀ちゃんの対談を読むべく、いつもより早いバスと電車に乗り、出社前にコンビニへ「TV LIFE」を買いに行きました。

と言うことで、さっそく感想。↓

 

泊まりに来た友達と「がんばっていきまっしょい」を一気に観て、
「ジャニショから赤西くんの写真が無くなったってね。」って話になって、
行ってみようかってことになって、
行ったら行ったで、思っていたよりその光景にショックを受けた私がいた。

でも、ウタワラを観て 、あまりにも変わらない6人に、ホッとした。
とくに特別なこともなく終わったウタワラ。
これを最後に今年は6人一緒の姿が見れなくなるはずなのに、そんなことを思わせないような終わり方。
なんか、また気がついたら自然にヒョコって6人になってるような気がする。
写真だって、6人で写ったのも、赤西くんのも、また気がついたら一緒にリストになっている気がする。

これから、知らないところで頑張る赤西くんに望むことは、

どうか、自分が納得のできるまで知識を吸収して、大きくなって帰って来て下さい。
どうか、何ごともなく、無事に帰って来て、元気な姿を見せてください。

っていうことだけ。

いってらっしゃい。

今日は残業中、用事があって入った工場でラジオが流れていて、ちょうどヤンピースが始まったところでした。

聞きなれない声で「今10時なんですよね。夢じゃないんですよね。」みたいな言葉が聞こえてきて、誰だろう?と思ったら、ヤンピースに変わってから初の金曜日だったんですね。

金曜日は山ちゃんなんだ~?と、のん気に思っていたら、、、アレ?

もう、ヤンピースが始まる時間??

忙しくて時間が経つのが早かったようです。

もちろん、KAT-TUNスタイルに間に合うようにセカセカと仕事を終わらせて帰ってきました☆

って事で、追記にKAT-TUNスタイルの感想♪

・・・・だけど、明日も仕事で早起きしなきゃいけないので、感想はまた明日書き足します♪

この前、光一君のコンサートに行けたのが奇跡のように感じるほど仕事が忙しい今日この頃。
やっとで、光一君コンサートでのMCの内容を追加☆


・写真を撮るときの話。
 光一君はカメラのことを「写真機」と言っちゃって、秋山君に「カメラって言いましょうよ!」と突っ込まれていました。
 なのに、何度も「写真機」と言ってしまう光一君。やっと「カメラ」と言えた時には、あまりにも自然すぎてみんなスルーされ、自分で「『カメラ』って言えたぞ!」と喜んでました。

 写真を撮られるのが苦手な光一君。
 まず、絶対同じようなポーズをとってしまうらしく、とりあえずそのポーズをとってみる。(POTATO11月号P31の姿勢です。確かに、昔からこのポーズ多いかも!笑)
 それから、カメラマンの方が「じゃあ、横向いて~。そのままゆっくり前向いて~。」って言ってくるけど、「ゆっくりって何!!?」と本気で困っている様子。
 そのゆっくり具合も再現してくれていましたが、かなりゆっくり。笑

 MAも写真を撮るときに困ることない?と聞かれ、秋山君が「踊ってる感じで。」と言われると困る。と言っていました。
 「ジャニーズと言えば踊ってるイメージあるだろうけど、突然言われても無理」だそうです。笑
 更に、モデルさんは凄い。と「エビちゃんが写真撮ってるのをテレビでみたけど、シャッター切られるたびにポーズが違うのが凄い!」と秋山君がそれを再現。
 「カシャ!カシャ!カシャ!」と言いながら一回ずつポーズを変えてみる・・。と、「できてるじゃん!今度それで取材受けてよ!」と言われてました。

何年も写真を撮られていても、やっぱり慣れないものなんですね。

他にも、面白いカメラマンさんの話をしてくれたり。と、写真の話は盛り上がっていました。



上田くん誕生日おめでとう!!!

中丸君に続いての23歳!!!!

あんな愛らしいくてカッコいい23歳って素敵です!!

私からすると、23歳って大人なイメージがあるから、自分が23歳になった時がどんな感じなんだろう?って思っちゃう。

上田君に関しては、ホント聖くんが言うように不思議な感じがいっぱいで、だけどミステリアスなままでいて欲しい気もして・・・。

なんか、独特の雰囲気を持ってって、カッコよくて、可愛くて、、、とにかく素敵すぎ!!

上田君の魅力はたくさんあって、文章にするの難しいんだけど、、、、。

一番言いたいのはやっぱり

生まれてきてくれてありがとう。
KAT-TUNのメンバーでありがとう。

って事ですよね。

これからも、上田君らしさ前回で突き進んで行ってほしいなって思います!

私はいつまでも「天狗になっていく様」を見続けますよ!!!

それから・・・。
「たったひとつの恋」の主題歌、KAT-TUNに決定!!!!

ホント期待はしてたけど、公式発表されてかなり嬉しいです!!!!

しかも、小田和正さん提供の「バラード」!!!!!!

また世間の皆様に新たなKAT-TUNの姿を魅せることができますね♪

どんな曲なのか、かなり期待でいっぱいです♪♪



9月の17日と18日公演だった光一君のソロコンサート、福岡公演。

残念なことに17日は台風で中止。

その振替公演がありました!

平日だし、仕事があるのでチケットは取ってなかったのですが、
友達のとこにモニター招待の葉書が!!!!

私は元々、小学生の頃に光一君に落ちてからジャニーズを好きになったんです。
それを覚えててくれた友達が私に声をかけてくれました!!

ホント

に感謝!!!!

話を聞いたのが公演日の3日前のことだったんで、会社を早退できるか分からなかったんですが、
主任に相談すると「行ける時に行ったらいいよ」って言ってくれました。

と言っても、私の勤めてる会社は仕事内容が不規則なので、当日のギリギリの時間まで帰れるか分からないという、微妙な環境。
しかも、定時が18:30で、定時に帰れることは滅多にないんです。

幸運なことに、会場は会社からだとタクシー拾えば短時間で行ける距離だったこと。

ホントにギリギリまで仕事して、なんとかその日にしなきゃいけないものを終わらせて、急いで帰らせていただきました。

先に会場に来ていたメンバーと合流して、ドキドキしながら開場を待ちました!

席はスタンドだったんですが、ステージ正面だったので全体が見回せて面白かったです。

曲と曲の合間の、証明が一瞬落ちた時のペンライトの光が凄く綺麗でした。

セットリスト等は他の公演と一緒だと思うので書きません。

なので、追記にはMCの内容を要約して書きたいと思います♪

PAGE TOP